SOLITUDE-klang

ヴィジュアル系オタクが綴る雑なライブレポとレビュー

宇宙戦隊NOIZ@新横浜サンフォニックスホール感想文

新横レポは一つ前の記事

ここからは僕の個人的な感想で正直に書くから

そんなの別に読みたくない方は(笑)華麗にスルーお願いします

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

開場は15分くらいで済んでスタッフさんが暇そうに雨がパラつく外を眺めていた

やはり物販が中に

開演しても1柵目上手側はかなり余裕あったと思う

それでもちゃんとYAMATOと呼太郎の名前を

おっさん組(笑)と同じデジベルでコールしてる隊員さんはほんとに暖かいと思った

一言で表現するなら

メンバーとファンが一体となって作り上げてたライブから

演奏するバンドを「見る」ライブになった

普通のバンドと同じような「距離」ができた

あくまで初めて見た印象としては だけど

開演前に流れていた曲がMALICE MIZERだったりPierrotだったりLUNA SEAだったりして

これから本当にNOIZのライブが始まるのか?なんか全然実感が沸かないまま

お友達隊員さんと一緒に座ってまったり開場を待った

戦隊のテーマが流れてきて

頭ではちゃんと覚悟決めてきたよ 最初は黄色じゃないってことわかってる

でもなんか

傍観・・・してしまった

参加してない 傍観って表現が一番正しいかな

だから涙も出ない

多分・・・フロム辺りまでずっと傍観 一応体は動いてるんだけど真顔(笑)

でもバトカプが予想外で

今はもうやらないんだと思ってたから・・・なんか・・あんまり聴きたくなかったてゆうか

曲のアレンジが変わってるものが結構あったみたいで

なんか出だしでいちいち新曲か??って思ってた気がする

本当の新曲スリーデイズボートは何気に結構好きな感じで

知らないからついていくのに必死になれるし楽しかった やっと笑った気がする

できれば新曲ばっかりやってくれて「新バンド」として見る分には充分楽しいと思う

センジュリまで普通に笑って暴れて・・・

でもSEPIA

無理だなんか聴いてられない

ドラムもギターも・・・歌詞も耳に入らないようにしてたのに

勝手に泣けてくるんだよ・・・

FLASH BACK FLAG

これは・・・ステージにあの2人の姿が浮かんでしまうんだ

この曲を演奏するあの時の5人が・・・めちゃくちゃ輝いて見えた

3回しか見られなかったけど 多分一生忘れないくらい輝いてた

でも今は何か違う

知らないバンドのライブを見てるみたい

上手が見れない 

この曲だけは

「宇宙戦隊NOIZ」って書かれたドラムを叩いてる人はS@TT-ONで 

上手でギターを弾いてる人はTAKEswiyなんだよ

ごめんなさい ほんとに・・・

現実が見えないようにやけになって腕を上げて泣きながらモッシュして

まだ・・全然無理な自分に気がついた

全然・・・無理だった 思ってた以上に

YAMATOも呼太郎も本当に必死なんだよ

自分捨ててでもNOIZのメンバーになろうって努力してるのが本当によくわかる

残った3人だって全てを懸けてお客さん楽しませようとしてるのがわかる

リーダー紛争戦とか移動時にもいろんなゲームして

くだらないことに一生懸命なのは変わってないし

だけどそれが逆に辛い

じゃぁなんで?・・・って・・・結局また頭が3月に戻ってしまう

MASATOのあの笑顔が大好きでライブを見に行くようになった

先入観なのかもしれないけど

・・・今は 本当に笑ってるのかなって

兄さん4人に見守られて子供みたいに無邪気に笑うMASATOが好きだった

すぐ泣いちゃうけど横見れば手を差し伸べてくれる人がいたもんね

もうそんなのが見れないのかと思うと

これから先のNOIZを見ていく自信がなくなった

だけど困るのがそれでも大好きなのは変わってなくて

あの頃とは明らかに違うと思ったのに大好きで大切なのは変わらないの

いつか全てを乗り越えてあの頃みたく

戦隊も隊員も一緒になって笑顔になれる日が来るのかな

来たとしてもそれもなんかヤダってゆう(笑)

あの2人を含めてNOIZなのは絶対に変えないでほしい

感じてしまったことは覆せないけど

もう行かないとも言いたくない

724までは見られるだけ見てみるよ

明日の柏もね