読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOLITUDE-klang

ヴィジュアル系オタクが綴る雑なライブレポとレビュー

文章で見るDESIGN FESTA Vol.37

DFが終わるとほんとにこれだけやってたいとしか思わなくなる(笑)

現実に戻るまで最低でも24時間は必要です

毎年イベント翌日はお休みにしています

お客様と人種被ってる←

以前からですが黒っぽい方が多く(笑)

今後ライブ会場などで麺に必死で咲いている姿を見られるのではないかと思うと

チケット抑えられませんw

あの...見かけたら教えてくださいね(笑)

SOLITUDEのお客様は本当男性も女性もなんかかっこいい方ばかりで

またご自身もアーティスト活動をされていらしたりとかでほんと顎外れます

ご自分で作られたほうがセンスいいのできるんじゃないかしらとか思っちゃうくらい

なんだか御馳走様でした

自分のサイトで調べたらデザフェス初出展は2009年の秋でした

最初は誰にも見られたくなくてね(笑)誰も来ないでくれとか書いてたココにw

来場者数自体の増加がほんとに凄いんだとは思うんだけど

自分がブースから動けなくなる日が来るとは思ってもみなかった

そうゆうブースは近隣にいつもあった

でも服飾でそうゆうところって既に企業化していたり

ある程度通販やどこかお店に卸したりして動いてるブランドさんだったりで

そうゆうものなんだと思ったりしてた時もあった

デザフェスは僕の目標でした

特に審査があるわけではないから誰でも出せるのはわかっていたけれど

ある程度の需要がなければ続けられないわけで

続けられなければ自己満足で終わってしまうし

何をしたいのか どうしてそれをしたいのかが明確になってからでないと

とても人を呼べるようなブースが作れるはずもなく

出展を続けるうちに周囲のアドバイスや近隣ブースから学んで

なんとか答えを見つけて行った部分もあります

通販も卸もなく年に1度のイベントだけで繋いでいくのであれば

正直なところこれが限界に近いかなと感じています

もっと大きくする気ならそろそろ踏み込まなくてはいけないことがあったり

商品数やブースの問題だとか 次回何かのイベントに参戦するなれば考えることも増えてくる

当然ブランドと呼ぶには烏滸がましいほどまだまだだということは自覚していますが

そうゆうところまで来ているというのが

Vol.37を終えた実感としてあります

取り急ぎHP(笑)オフィシャルのサイトをどうにかしないと!

どなたか助けてくださいwww

春のデザインフェスタだけで昔からのお客様が毎度足を運んでくださるというのは

本当に本当にありがたいことだと前々から書き綴っておりますが

3600ブースあるんですよね

魅力的なアーティストさんはたくさんいらっしゃるし

覚えていてくださるというのは

本当に...お顔を拝見する度感極まるものです

ありがとうございます

徐々にではありますが

ご満足頂けるものをいつでも揃えておけるように致します 必ず

ブランドを維持していく上で最低限のラインである

ブレない軸を保つことと常に新しいものを発信し続けてゆくこと

気持ちの上での感謝とは別に

商売となってゆく過程で忘れてしまいがちな大事な部分を

毎度自覚させて頂いています

ご購入頂いたSOLITUDEの商品を着て遊びに来てくださることを

僕が当然と思うことはありません

お見掛けするたびそれが立ち上げ当初からのお客様であっても

仲の良い友達であっても

その時その時本気でやってきて良かったなぁと思うと同時に

言葉で伝える以上の”ありがとう”を感じています

昔一度書いたことがありましたが僕はギャル服販売員出身です

それを着て合わせるアイテムや髪型を考えて

行く先を思い描いて

それで購入を決められる時人は必ず笑顔になるんですよね

その顔を見るのが本当にしあわせで

瞬間的に苦しいことも上司のパワハラも(笑)全部忘れちゃうんです

6回目の出展でした

次回から抽選制になってしまってはDF常連アーティストの皆様にお会いできないことも出てきてしまうというのが

本当に悲しいですが

このイベントは多分やめられない...(笑)

僕が何かを見つけて成長し悩んで泣いて笑った全てが

DESIGN FESTAに詰まっています

初日の朝

レインボーブリッジから見える景色を眺める度

今年も出展者としてここに来られることが幸せすぎて涙が出たりします

ひとりの人間から発信するものであっても ひとりで続けていくことはできない

着てくださる方がいて 持ち歩いてくださる方がいて 部屋に飾ってくださる方がいて

アドバイスくださる方がいて 励ましてくださる方がいて

そもそもあの混雑の中足を運んでくださる方がいて

それでようやく成り立つもの

アーティストに人柄は関係ないと僕はよく言っていますがそれは営業的な意味合いのことで

生き方や志は確実に影響すると思っています

結局それが作品に反映されるものだし

支えてくれる人々がいてくれなければとても続けられない

僕がしていることやDFに掛ける想いを話せば馬鹿にされるのは慣れていますし

むしろ望むところ

誰にでもわかってもらおうなんて思ってませんし

凹むこともなければ今に見てろと躍起になることもありません

お構いなく自分のペースで進むだけです

DESIGN FESTA Vol.37へお越し頂きましたすべての皆様へ

心より感謝を込めて

出品した作品のひとつにメッセージを添えましたので

掲載させてください

今期もありがとうございました

年内にもうひとつ関東でイベント出展できればと考えていますので

その時はまた 宜しくお願い致します