読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOLITUDE-klang

ヴィジュアル系オタクが綴る雑なライブレポとレビュー

『MASOCHIST RED OBSCURA Vol.2 -endroll-』ーLycaon LAST LIVEー@赤坂BLITZ

*スマホでご覧の皆様 

一つ前の画面に戻って頂いて

一番下までスクロールするとPC表示に切り替えというのが出てきますんで

そこに飛んだほうがきっと見やすいです

長いから 何ページあんねんて思うと思うから(笑)

*セトリに月は無慈悲な夜の女王入れ忘れた←

【Setlist順不同 うやむや】

-SE-Camera Obscura

追憶

DARKNIGHT

Liar

覚醒

悪女の微笑

黒猫(生ピアノ)

アネモネ(生ピアノ)

眩暈-めまい-

薔薇~Rose~

EROS

霊猫香とマゾヒスト

黒のダチュラ

anaima

君を壊すガラスの衝動

マリーゴールド

Miss.EVIL INSIDE

雨音の輪舞曲

Jesus

麻薬

残酷のサロメ

赤い林檎

Psychedelic Jelly

Aventure -アバンチュール-

ILLUSION

Who's bad psycho party

情欲のアクメ

gossip

~en1~

ジプシー

麻薬

飴と鞭

BALLAD

shadow

~en2~

琥珀彩」~コハクイロ~

The[1st] degree genocide holic

REDRUM

~en3~

LAST DANCE

こんな感じかな 

曲順は最初の3曲以外まったく違うと思うけど

アンコールだったか本編だったかも怪しいwでもセトリ垢にも上がってないから

確認できてないです

DVD化するみたいだからその時に(笑)

36曲演ってくれたそうで

18時開演オンタイムで終わったら22時だった

バンドの最後って本当に美しくて

登場から鳥肌ゾワゾワくるんだ

悠希さんのTwitterに写真が上がってたけど

ステージ中央の階段に赤い絨毯が敷かれていて

リズム隊は一段高い位置の左右に配置されて

メンバー全員がよく見える配置だった

悠希さんは上品なその階段を使っていろんな位置で歌ってた

全員ジプシーの衣装(だと思う)

SEが流れて一朗さんと緋遊さんが両サイドから登場 2人で階段を降り

そのあとサトシさんと零さんが降りてきた

追憶が始まって照明が当たると同時に悠希さんが登場

その気迫といったら逆最前に居ても圧倒されるほど

見たこともないような強烈な光を放たれて 

胸がギューって押しつぶされるような感覚でした

最初の数曲が終わってから緋遊さんのベースソロ

かっこいいよね 彼のプレイスタイルで低音ボーンて鳴らされると

キュンキュンします(笑)

中央のステージに出てきてかっこよくコール&レスポンスしながら

なんていうんだろう

かき鳴らすタイプじゃないけど 優しくて安定した音で

とっても素敵でした

その間に悠希さんお色直し

何の衣装なのかわからないんだけどshadowかなぁ?

黒のチュニックみたいのに黒パン 何も被らないで髪はボンバーぎみのセット

(ボンバーてwwスイマセン表現が昭和でww)

悠希「ずっとお世話になってきた ピアノの方(お名前も言ってた)と一緒に

         ここで 完成させたい曲があります」

下段にいるサトシさんと上段の緋遊さんの間にキーボードが置かれ

マニピュレーターの方がスタンバイ

黒猫の生を初めて聴きました

そのあとアルバムに入った時点でこれをラストライブで

やるんだろうけどこれは涙腺崩壊曲だなぁと 誰もが思ったであろうアネモネ

生ピアノで演奏されました

黒猫の赤照明から寒色の照明に変わり 白い雪が舞ってきた

上手で見ていた私の位置からは

白い雪の中でギターを操る人形のような零さんが

本当に美しく見えた

順不同で本当に申し訳ないんですけどw

眩暈のタイトルコール後に始まらない眩暈

悠希さんが階段の上手側に寄りかかって一朗さんとなんか喋ってる

一朗さん 足 攣った  笑

一朗「ごめんねぇちょっと1分ぐらい待っとってぇ~ 

              広いところで運動してくる」

一朗さん袖へ消えてったあと緋遊さんになんか弾いてくれとみんなが

でも弾き始めた曲の難易度が高すぎて却下w

続いてサトシさんが弾き始めたギターに乗せて悠希さんが歌い出した即効曲

歌詞:一朗どうして足が攣るの~早く帰ってきてぇ~ 笑

零さんは座って休憩(笑)していたところ

悠希さんに赤椅子を差し出されゼロココに座れと 手でトントン (笑)

一気に和んだ空気の中で始まった眩暈

サビのあんなメロディーライン V系で珍しく思えて何度も聴いたなぁとか

この曲の零さんのギターが結構好きだなぁとか

考えながら

黒のダチュラ 最後の折り畳み

この曲が頭に残ったせいでLycaonについてすんごい調べ初めたんだよねw

一回聴いただけだったのに 呪文かと(笑)

MCで喋る時に呼吸や吐息の音を入れる悠希さん

元々切ない演出なのにあんな声で 優しくこんなこと言う

どうか この夜が終わっても

        泣かないで

マリーゴールドが始まった

これも零さんのギターが実にもの悲しくて良い

順番合ってないけどwマリゴ入れる位置も凄く良くてね

周囲からはすすり泣く声が

本編中に一朗さんのドラムソロとサトシさんのギターソロもあったんだけど

場所を覚えてなくてすいません でもきっとここは映像に入るはず!信じる!

でも零ソロがなかった

一朗さんをこんなにかっこいいと思ったのは初めてでした(失礼w)

彼のドラム好きな音なのですけど面白いキャラが先走ってしまってw

でもあの日は笑いなしのソロで ただただかっこよかった

初聴きジュリアナ東京かと思ったPsychedelic Jelly

年末?のニコ生見ててモッシュ曲なんだーって思った赤い林檎

最後は 愛を 確かめ合いたい

本編最後は私が一番好きなPVのgossip

この時点で20時半近かったからアンコールは短いと思ってたんだけど

少々の時間を経て

全員LAST DANCEのタキシードでアンコール

サトシさんと零さんが座ってアコギを

ジプシーいい曲だね 寂しいね

あのPVの悠希さんの衣装 ぴったりだ

サトシさんのアコギソロ良かったなぁ 禁じられた遊び(という曲があるw)みたいな哀愁

悠希「タキシードが.....  若干デカいです...

     なんか .. 七五三みたいに なっちゃってますけど...」

一回目のアンコに何が入ってたか本当に覚えていないんだけどww

すべて琥珀に持ってかれてる(笑)

麻薬がどこにあったかな(汗 

あのびっくりするような高音スタートが衝撃的でした

生でもあのまんまだから本当あの人は凄いボーカリスト

あの声をどうしても求めてしまう

(曖昧な記憶だけど)そんな前振りで shadow

もう ゴシップから後この人達の曲は絶対裏切らない確信があったけど

shadowはかっこいいよねぇ大好きですこの曲

ドラムがかっこいい

銀テが飛んだのがこの曲だったと思う

あの瞬間の輝きは それを傍観してるだけで涙が溢れてきた

ファンじゃなくても心が動いてしまうであろう

素晴らしいshadowでした

2回目のアンコールは

初めてバンドを組んでから....

      ...何度も 何度も..この曲に .. 救われてきました   ...

琥珀

音源収集してから綺麗な曲だなぁと思ってよく聴いてた

どこから泣いてたかは遠くてわからないけど

この曲は時々詰まってたね もう色々伝わりすぎて痛い 本当に痛かった

ジェノサイダーで盛り上がって 暴れて

RED RUM

聴けることはないと思ってたから嬉しかったな

メンバー全員中央に集まって肩を組みながらコメントする模様

悠希「何にも考えないで来たんだけど 今日は一言ずつ みんなから...」

スって下から一朗さんにマイクを手渡し 一瞬にして笑いが起きました

一朗「俺が喋るとね..こうゆう空気になるのは...いいと思います(笑)

                  本当にありがとうございました」

(私のうる覚えだけどwこんなこと言ってた)

零さんはマイクを渡されて 喋るのかと思ったけど

一歩前へ出て 深く深くお辞儀を 最後まで妖精さん 演じきっていたけど

でも多分彼が一番泣いてた気がする

あと3人のコメントがちょっと記憶できなかったんだけど

短いコメントを述べていました

みんな気丈でかっこよかった

でね

LAST DANCEまだやってない

まさかの最後のシングルは「やらない」という選択か?と思いきや

トリプルアンコール

LAST DANCE

これがもう本当に忘れられない瞬間になりました

生を聴くまでジプシーのが最後感ていうかインパクトあるよねーと思っていたけど

最初で最後のLAST DANCE 素晴らしかった

アウトロの時計が刻む音の中で

悠希さんが

一朗 いつも明るくしてくれてありがとう

         一朗さんのところの照明が落ちて

緋遊 いつも...優しくて... 

         緋遊さんのところの照明が落ち..

サトシ お前は最高のギタリストだ

零 また会おうな

最後 照明が悠希さんのところだけにになり

ぼくも Lycaonが大好きでした

こちらに背を向けて両手を広げ

全ての照明が落ちた

両手を広げた姿が美しすぎて

なんか うまく表現できないんだけど

本当にどこかに行ってしまうんだなぁっていうか

やっと自由に羽ばたけるんだねっていうか

再び客電が上がったらステージにはもう誰もいなかった

夢が終わった瞬間でした

**********************************************

女性でもなく男性でもなく

独特の色気を持っている彼に惹きつけられたのは昨年の夏のこと

短い間にたくさん音源をかき集めました

何期かに分かれているようで その期によっていろんなことが違う

曲の方向性や メンバーのキャラも 髪型も 髪色ほんとすげー何遍もww

同じバンドでこんなにも変化して それでも人気を保つことってできるんだなと

視覚的にも聴覚的にも 相違型のスタイルも

物凄く刺激的で魅力的なバンドでした

何よりあの声にあのギターは特別でした

それにあんな品のあるデスボ出せる人いないよ

曲の構成もいろんな要素が入っていて 

どの時代を生きた年齢層にもどこか懐かしい音が組み込まれていたし

アンティークなおもちゃ箱みたいだった

LAST DANCEが終わって

最後 すすり泣く声が号泣に変わってきてね

何度経験してもどうにもあればっかりは痛くて仕方ないんだけど

でも

何かを好きという感情ほど素敵なものはないと思っています

寂しいし悲しいけど解散や活休が泣けるほど好きって凄いことだよ

それだけ思ってると「好き」はだんだん「ありがとう」に変わってくるから

きっとまた前を向いて進んでいけるんです

好きなんだから 誰になんと言われようとたくさんお金つぎ込もう(笑)

私はこうゆう音楽に救われて生きてきたし 

V界が好きだから これからも経済が回っていくように(本当に)

大好きなことには気が済むまで夢中になっていいと思ってます

何より出逢えて嬉しいし同じ空間で一体になった瞬間が全てでしょ

もっと早く...とか思わないでもないけどでも

出逢った時期が自分にとってのベストタイミングなんだ

出会えて良かったなぁって

終わった瞬間本当に思いました

同じ時代に生きて 彼らが活動していて 私達がそれに気付いて

1度でも2度でもライブを見られたことは奇跡的なことで

それが嬉しくたまりません

ありがとう♪♪Lycaon♪♪

Web拍手

人気ブログランキングへ