読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOLITUDE-klang

ヴィジュアル系オタクが綴る雑なライブレポとレビュー

「Chateau de Versailles」@日本武道館

 

さすがに1時間や2時間で書ける記事ではなかった

日本武道館て (TωT)ポロポロ 笑

 

 

ついにここの写真を撮る日が来ました

 

 

いつもinstagram

可愛いわんこ達と一緒に武道館前を定点観測されている方がいらっしゃいますが

その方の投稿にVersailles武道館の画像がアップされた瞬間

言いようのない感動を覚えました(笑)


当たり前ですが武道館て本当に武道の館なんですね

スポーツ観戦をしないのでライブハウスやホールとは違った雰囲気に

初めてのワクワク

 

頭上には日の丸と八角

この中にあの城が築かれるのか

「和」テイストの会場に中世ヨーロッパ感出すのは強引な気もしたけれども

ステージ後方のスクリーンに映し出された長いステンドグラスが

海外の大聖堂のようで素敵でした

 

少々押しての開演でしたが暗転した時の歓声もスケールが違う

日本武道館で聴くニラレバニラレバ!!ニラレバ!

メンバーはセンターから登場 
黒装束のBeChoirの皆さんが上下の花道に散って

Aristocrat's Symphonyからスタートです

コーラス入りアリストクラッツやばい 寒い 笑 

 

ASCENDEAD MASTER終わってボンジュール

武道館でもボンジュールはやるのか 

いつになく緊迫していた末裔たちもボンジュール(ジュールが奇声)で通常運転に(笑)

 

武道館限定アルバム「Lineage ~薔薇の末裔~」に収録されているInheritance

公式に行くと楽曲説明などありますがまだ見ていないので

後日レビューとして書こうかな

Versaillesは数回聞いたぐらいじゃ何も書けないw

覚えやすい歌謡曲だけど複雑な構成というVersaillesらしい感想です(笑)

Vampire Chandelierと続いて

 

かみじょう「君たちが 僕たちのシャンデリアだ」 

 

・・フ ・・・フゥウゥ―――♪

 

 

以下

武道館公演一番のハイライトとなった話題のMCがこちらです

 

かみじょう 「KAMIJO ポーランドでステージから落ちて(指でステージ下を指しながら)

 

海外でステージから落ちるのは2回目だったんだけど
今回 松葉杖と車椅子での生活になり

バルセロナでは座って歌うことになって・・
一つ大切なことに 気付かされました

 

それはね?

 

  バリアフリー

 

やっぱりねぇ~なってみないとわからないよね!
だからね 広めていきましょう バリアフリー

 

この後
メンバーに助けてもらいながらとかなんとか本当にいい事少しだけ言ってたけど
多分誰の記憶にもバリアフリーしか残ってない

かみじょうの独特なMCをうん十年聞き続けてる末裔達でも

想像の斜め上すぎて会場に笑いが起きるまでに一拍あいた

バリアフリー

 

かみじょう「聞いてくれる? TERUがね?

      演奏速くすれば 曲数多くできるじゃないかって

       言うんだよ


     ただでさえ Versaillesの曲は速くて・・

      TERUの手なんて 見えないのに・・
罰として ちょっとだけ速く やってみようと思う
・・・でも ちょっとだけだぞ?」

 

ちょっとだけだぞ?

 

 

Philia
フィリアといえばメンバー全員がそれぞれの限界にチャレンジした曲

ということは最速曲なのでは?
ギターソロ速えぇw速すぎて何やってるか全然わかんないけどw
それより何よりYUKIさん長距離ランナーみたいな顔してたよ(笑)

 

Serenade

これは私が3年聞けなかった(笑)Versaillesなんか大嫌い!だった頃の思いが詰まってるんですけど

後ろのステンドグラスには天使
曲が終わると共にその天使が白く光って

最後に消えた

 

 

Faith&Decision

長いのであんまりやらないけど私の中でこれはVersaillesArt of Life

これが生で聴けるというだけでレアである

かみじょうが出てきて歌い始めて しばらくして

なぜか突然モニターに歌詞が出始めた 歌えと?

 

 

アンコール

 

武道館限定音源「Lineage~バラの末裔~」

新譜は今日ここでしか入手できないとのこと


かみじょう「マリーアントワネットの名言を借りるなら
文句があるならVersaillesへいらっしゃい」

 

     

               はい?

 

 

そうかと思えばかみじょうのティータイム

 

とかいってワイングラスでお茶かなんか飲み始める

武道館でも自由かよ

 

 

Lineage

こっちのが好きだな さすがタイトルチューン
We have a Lineage~♪ 珍しく楽器隊がコーラスしてた

そしてまたここだけモニターに歌詞が出現 まるでカラオケのように!
コーラスしてるまさしくんがモニターにアップで映しだされたら

めっちゃ顔険しかった(笑)

どっちの新曲か覚えていないけど

そこほんとに手拍子でいいの?リズム違くない?っていうかみじょうのリードがあった

微妙な表情でついていく よくあること  バリアフリー

 

レッカぺでは”日の丸を掴み取れ”と煽られ

1回目のアンコール終わり

 

 

アンコール②

 

かみじょう「僕達には
日本武道館に立たなくてはいけない 理由がありました

   亡くなってしまったメンバー

      Jasmine Youくんと約束したのです」

 

Sympathia


「この景色が見たかった」

 

広い広い暗闇の中で揺らめく カラフルなローズライト

見てほしかったというか 見せたかったというか

私たちもそれをずっと願ってきた

 

The Revenant Choir

最後にここで歌うのが夢だったというレベナン
ホールだとこれは銀テ曲だけど
武道館を目指す気持ちがわかりますよね
あの日の丸の下に銀テが飛ぶのをステージから見られるのなら

 

 

全部終わって 一安心のかみじょう

 

こっち側 そっち側(上手下手) 1階 3階(2階を忘れる)

まさしくんが勇さんのベースを抱きしめるように持ってた
その姿が脳裏を離れない

 

 

ところで

歩けなかったら大丈夫じゃないのでは?と思う凡人の考えをよそに

「足怪我して全然歩けないけど大丈夫!」って

大事な武道館の二週間前に言ってたかみじょうさんw
このポジティブさというか楽観視癖というか(笑)

こうゆう人だから夢が実現するんだなと思う

 

人生は自分でデザインしてゆくもの
KAMIJOという人物のそれ全てがドラマチックすぎて目が離せない
いつも書くけどあの人は私の憧れでもあります

 

”バンドとしては今が一番良い状態と言える

20年 30年…これからも永遠に宜しく御願い致します”とか言ってたから
生きてる間私たちずっとお金かかるんだ…笑

 

 

 

いつもと同じようであったけど
いくらなんでもさすがに一瞬走馬灯した
のがThe Revenat Choir 
あれを聞く度にいつもヒデサミを思い出すんだけど
あの時からメンバー紹介も変わってないでしょう?
on bass JasmineYouっていうあの時のあれが

腕を上げるまさしくんとイメージの中で被って
こうゆうのどう表現すれば怪しくないんだかわかんないけど(笑)
勇さん背負って腕上げてるっていうのかな

 


味スタのサブステージでほんの数十人が手扇子してるような景色の中で
イエローハートの壁を見上げながら
今と変わらない強い眼差しでギター弾いてたHIZAKIの姿をはっきり思い出す

 

 

 

 

 

2017年2月14日

私はきっと生涯この日を忘れることはないのでしょう

 

バンド追いかける楽しさを知ってから

一番最初に好きになった人達が

ここまで昇りつめるのを見たという経験を

一生忘れることはないでしょう

 

 

 

遠目で見て改めて思ってたけど曲が難しい(ものすごく今更)

 

 

 

【setlist】

Prelude

Aristocrat's Symphony

Ascendead Master

Shout&Bites

zombie

Inheritance

Vampire

Chandelier

DESTINY -The Lovers-

After Cloudia

Philia

Serenade

Faith & Decision

MASQUERADE

 

~en①~

Lineage

The Red Carpet Day

 

~en②~

Sympathia

The Revenant Choir

 

 

帰り道に「ELYSIONです」とか言ってフライヤー配っていたので

自ら貰いに行った

無料ワンマン招待チケット付きなので行こうと思います

呪文みたいな曲で 

ボーカルの人KAMIJO感ある

 

はぁ

 

これでやっと風邪ひける(笑)

でもできれば健康なまま週末の

綴さんが団長を雑に扱うであろうイベントを見に行かないとっ

 

see you next gig.

 

コメントはこちらにも投稿できます