読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOLITUDE-klang

ヴィジュアル系オタクが綴る雑なライブレポとレビュー

篠突く雨一周年記念主催「薄氷 冴え返る 淡い視覚。」@高田馬場AREA

 

 

考えてみたら全然帰り道じゃないし明らかにわざわざ行ってるわけだけど

昨日は冷たい風がびゅんびゅん吹いていて

道中前を歩く人の なんかネイティブ柄の大判ストールみたいなのが想像以上にはためき私の顔面にバサッと

目の前が突然大きな布でふさがれ生死をさまよいながら

数々の危険を潜り抜け到着したAREAではVAN9ISHさん前の転換中

 

 

VAN9ISH

 

バンキッシュとは 109-2に入っているお洋服のブランド名では・・?

QU→「9」ね なるほど

f:id:SOLITUDE:20170323105817p:plain

 

初見なんですがファンの方が大変熱くヘドバンも激しかった

ボーカルの人はBORNのSATISFACTION?時代に猟牙がやってた

少年Aみたいな あれはメイクなのかな なんか巻いてたのかな

前は見えるのでしょうかね

裏声にパンチがないけど狂気的な魅せ方でなかなか素敵でした

 

Ai「篠突く雨さんの前に 一足先に あhー…

           血の雨を 降らせにきました・・」

 

3曲目が割と気持ち悪いやつで(褒めてます)お立ち台に寝っ転がってるのか這いつくばってるのか

ちょいちょい視界から姿が消えては手だけ見えたりしてた

綴さんみたいなうめき声出すし

ある一定の客層を中毒に陥れるタイプの演出

 

4曲目はお客さんたち振りで「9」てやってた?変わった振り

最後の煽り曲(全面幸福論)はイントロからリズムがカッコよくて欲しくなった

視聴してみたら音源は歌がいまひとつだけどライブは良かったなー

デスボとかシャウトとかは好きな声質なんだけどな

この曲終盤に向かうにつれてドラムが率いるようにどんどんすごくなってって

もっかい見れたらいいなぁと思った

 

 

大晦日でもないのに1日2公演

そのおかげで見れたのかもしれないです

 

 

篠突く雨

 

初見の時も篠突くさん主催だったのでトリでしたが

若手の割りに(年齢知りませんが)貫禄があるのは和装のためか

taroちゃんから滲み出る「総長」な雰囲気からなのか(笑)

 

衣装が変わって一時のFESTさんみたいな柄物和装に

ボーカルだけ仕様と色味を違えて際立たせるスタイルですね

1年近く同じ衣装でしたらからそれはそれは新鮮に映ります

下手の筋肉ギターの方は金髪になり 上身は短丈のノースリでフード付き

フード被ってるとボクサーみたいね

上手の毒茄子ギターさんは黒髪ロングから紫のミディアムに

昨日は両目開眼していたようでしたが

白装束の時と同じ人とは思えません

メイクってすごいな

 

 

篠突く前の転換中は何度も何度も花魁道中がリピートされていて水戸黄門(イントロが)

そんな花魁道中からのスタートでした

篠突くらしい綺麗なサビのメロディーラインで本当に筋が通っていますね!

明日の移動中にゆっくり聴こうと思います

 

輝夜は久しぶりに生を聴いたな 相変わらずベースもBメロのドラムもかっこいい

輝夜だったかな

ギターソロの後の最初のサビに入る時に

メンバーがくるっと回転するフォーメーションはまるで”この世はマスカレイッ♪”でした(Versailles MASQUARADE)麗しい

 

5曲目が新曲って書いてあるけど聴いたことあったような気がしてる

これは何なんだろう?

本編ラスト狂華染乱 

これと残香だけは音源が欲しい本当に

会場限定とかじゃなくて全国流通でいつでも買えるのが好きです(笑)

 

 

アンコール

 

筋肉が(taroちゃんがそうやって呼んでた)Tシャツ忘れた関係でアンコール一瞬で出てきたけど

確かあの人最初のワンマンの時もTシャツ忘れてたw

 

 

嫉「どうですかみなさん 新衣装は」

 

信「前の衣装はここにピロピロが付いててあれが凄い邪魔だった!」

 

ta「邪魔だけどあれが和なんだよ」

 

ピロピロとはたもとのことでしょうか

あれをたすき掛けしてドラム叩く姿もかっこよかったですけどね///////

 

ロ「襟足を金髪にしたらメイクさんとかにチャラいと・・・」

 

りゅ「俺だけ生地の用尺削られて節約されてるよね・・」

 

でもあれ織り柄じゃなくてプリントなんじゃないのかな?

だったら大して変わらんよ 筋肉露出量増やすために違いないわ!

 

嫉「どう?taroちゃん 新衣装」

 

ta「寒い」

 

嫉「寒い 肩全出しだもんね」

 

ta「そうじゃなくてトークが寒い」厳しいな

 

総長厳しい

でもその後ちゃんと嫉おさんに「うそうそ ありがと」て言っておられた ぽわ〜ん

 

総長相変わらず声綺麗

尺八とピアノの音があんなに似合う声は演歌界に行かないとないと思うよ

 

追憶の雨が醸し出すラスボス感は見る度強まって

残香のアウトロから繋がって追憶のイントロが流れた時には

油断すると鳥肌立つかもしれませんでした

このギターソロはまさかあんな筋肉モリモリの人が弾いてるとは思えないくらい

繊細な優しい音ですよね

 

残香だっけ・・?(←狂華染乱だって!これが半年間ごっちゃになり続けてる(笑))

お客さんが右往左往するモッシュ・・あの変なモッシュ(笑)

あれをやる人が前回見た時の倍に増えてた すごいなー

それから超高速拳ヘドバンみたいのも何かの曲にあったけど

あんなのとても私できない(笑)我々世代の振りには拳ヘドバンが ない

 

⭐︎

 

昨晩嫉おさんがあげてた画像 hideちゃんと同じアクセつけてるみたいだけど

hideファンなのかな?

だったら12月のMLJ目指しましょう!笑

 

初見の時は

そんな和装でそんなステージセットで曲キャッチーかよとひとり突っ込みを入れたほどズコーッな感じでしたが

私はキャッチ―な歌謡曲が好きな一般的なバンギャなので

そのズコーッが良かったのです

ヴィジュアルとのギャップはありながら演奏力は高く歌も上手い

 

 

どっかのブログに書いたかな

かっこいいのにステージからの圧が凄くて怖いぐらいだったのだけど(笑)

ステージと客席の圧のバランスがうまく折り合いついてきたように見えて気持ちよかったです

今年も活躍が楽しみ 

絶対夢見たステージに立てると思います

 

f:id:SOLITUDE:20170323225035j:plain

⭐︎

 

ところで3/22という日は私達隊員にとって忘れられない一日

 

そもそもこのブログはNOIZが好きすぎて書き始めたブログなので

あの日のレポも残っているんですが

ひどい文章ですけど読み返すだけで未だに感情が蘇ります

好きなバンドの解散活休を体験する前に

メンバーチェンジという現実 それが2009年3月22日でした

自分でもびっくりするぐらい悲しかったけれど

あれを機に知り合った友達がたくさんいて

今も続いていたりします

メンバーチェンジ後のNOIZは勢いがすごくて

後入りのメンバー2人も大好きになったし

脱退したメンバーも今では現noizのライブを見に来ていたりして

 

だから 塞翁が馬だよね

 

 

恋愛とはまた違った「好き」もわかるし

バンドだから何があるかわからないけど

それなりに何とかなるし 大丈夫なんだなと思った経験です

バンギャになって本当に良かった(笑)

 

さて週末はRAZORだよー

 

see you next gig.