SOLITUDE-klang

ヴィジュアル系オタクが綴る雑なライブレポとレビュー

KAMIJO New Year Live 2018 -信念會-@東京キネマ倶楽部

皆様 あけましてアミタイツ

新年最初のライブはKAMIJOさんでした

 

2018.1.8(MON)

f:id:SOLITUDE:20180108224650j:plainf:id:SOLITUDE:20180108224710j:plain

 

なんだろうね なんでいっつもこんなギリギリになっちゃうんだろ(笑)

 

会場着いたら

ハラハラさせられるシーンに使う映画音楽のようなBGMで無駄に心拍数が上がる(笑)

キネマは2階席の下に入り込んでしまうととても暑いのだけど

そこそこ混んでいて でも全体が見やすい位置だよね

 

 

ドラムセットを見ると薔薇仕様ではなく

バスドラひとつ以外紺色の布で隠されてて

その端に金のステッキが引っかかってた 今日あれやるのね(笑)

布で覆って音が籠らないものなのね

あんまり見掛けないセッティングだけどどんな効能があるの?

今日はワンバスでツインペダルのよう

 

闇夜のライオンの衣装かしら Vive le Roiに乗せて

胸元が大きく開いた白KAMIJOが現れると

客席からは男性陣の熱いKAMIJOコール

いつもかみじょうのライブが始まるううう〜とテンションが上がるアンカーになってくれてます

 

期待通り闇夜のライオンスタート

サビ前でい く ぞ ぉお!と奇声を上げるからどんな暴れパートかと思えば緩やかに手扇子というかみじょうあるあるのライオン

KAMIJOさんの声は高音が少しかすれて聴こえたけどそれも最初の2曲くらいで

そのあとはいつもの調子だった

新年一発目がそれでいいのか?もう一曲チャンスをやろう と煽られながら

2曲目はサンクチュアリ

 

時雨さん 誕生日同じ(すごくどうでもいい情報)

この方の所属しているRHEDORICというバンドとはかなりテイストが違うように思いますがKAMIJOのこんなのも弾けるのね

音を止める箇所ではネックをスッと立てて止める姿がカッコ可愛く年の頃がまったくわからない(笑)

 

サンクチュアリ終わってボンジュール初め

そして期待に応えたこの挨拶

 

K「あけまして アミタァーーーーーイッ

 

何年も聞き続けてるしなんならアミタイツってサイン入ったカードとか持ってるけど

これはKAMIJO語であるということに気付いておかないと頭おかしいですからね

職場などで言わないように

 

「今年は戌年だって?いやいや僕はいつだって未年さ」と微妙な発言をして金のステッキをぶんぶん 仔羊たちが楽しそうに揺れるMoulin Rouge

50歳です?

 

K「久しぶりの このメンバーで この軍服 あんちゃん…

     "アン様"って僕ちょっと言い慣れないんだけど…///

   でもあんちゃんだとSEX MACHINEGUNSっぽいから…

         アン様 初軍服です」

 

後ろを向いて親指で肩章のフリンジを指すクールギタリストANCHANG(違

 

K「この 襟のこれさぁ

       f:id:SOLITUDE:20180108234842p:plain

  僕はないんだけど… これ(ジャボ) なんて言うか知ってる?

   そう  スカーフなんだよ

 これをね?いつからか 誰かが "よだれかけ" と言い出した

  さっき楽屋で"Mekuさんのよだれかけありますか?

          "Mekuさんがよだれかけ探されてます"って」

 

K「アン様 よだれかけデビューです巻き起こる拍手

 

YUKI 年末はベルサイユ10周年 一緒にね… お疲れ様でした

 時雨くんおかえりなさい

 そしてよだれかけ4年目に突入したMekuちゃん 今年もよろしく」

 

ちょっと見ぬ間にかみじょうとMekuちゃんのコンビネーションが揺るぎないものになっていた

以前は絡み寄るかみじょうに困惑しながらも

Winkのように無表情なMekuちゃんが冷酷でw新鮮でもありましたが

肩を組まれ引っ付かれKAMIJOに見つめられるMekuちゃんは

しょうがないなぁかみじょうは/// と余裕ある薄い微笑みで返していて

さすがベテランよだれかけともなると

かみじょうに関わる人々特有の覚悟と諦めを含んだ貫禄が見え始めました

変態的なことを言わせてもらえば黒髪の(客席下手側からのアングル)

その黒髪の隙間で光るシルバーのピアスに

上がり気味の口角がプラスされてマニアにはたまらないチラリズムでした(笑)

 

幻想トリアノンとか久しぶりに生を聴きました

イントロがとても好き 

この人の創る曲はどうしてか壮大な映画音楽のオーケストラを聴いてるようで

最近本当に物語の中にいるような錯覚を起こす

 

片手に夢

かみじょうが 楽しそうに振り回したタオルを

客席に投げると見せかけて体をくるりと反転させると

YUKIさんが(おいやめろ何をするおい…!)な顔でかみじょうと見つめ合ったと思ったら

そのタオルはかみじょうの手からプレイ中のYUKIさんの顔面に(笑)

愛ゆえw 両手塞がれて動けないドラマーの顔目掛けてタオルが投げ込まれた瞬間YUKIさん漫画のスローモーションみたいな反応してましたけどw

 

10年も見続けておいてあれですけどYUKIさんのかっこよさに今更目覚めました
今までカッコよくなかったわけじゃなくw
あの人あんなに安定したツーバス踏む人だったか
とても安定してキレが良くそれでいて品があって
上半身を微動だにせず下を向いてプレイする片手に夢のサビのツーバス部分はYUKIさんに釘付けになるほど 

時折譜面?を見るためか横顔を見せつつ叩いてたけど

KAMIJOソロバージョンのヘアメを施した色気に私が覚醒しました


こう思ったのが私だけなら私はVersaillesの10年間かみじょうと姫以外誰も見ていなかったのでしょう(笑)

 

追憶のモナムール

ソロをアン様が弾いてたけれど

相変わらず正確かつ鋭利な音でそれこそANCHANGの声にも適応できそうねと思いました

ステージに立つ人と思うねやっぱりアン様 

違う人が弾いても曲のイメージが一切崩れない不思議

かみじょう歌謡の王道 KAMIJO曲を語る上で外せない名曲です

 

 

バスティーユ曲中

K「お前達今日は誰にめちゃくちゃにされたいのか?

  だ れ に め ちゃ く ちゃ に さ れ た い ん だ?」 「 ふぁー!(奇声)

がっつり煽るアン様の声も良く聴こえて 彼等も楽しそうだったな

 

 

カストラートのイントロに入る前(イントロの最初の方?)のメロディーラインが

レゴラス達がパーティとなり滅びの山に向かうシーンを彷彿させ

イントロに入ると次々に現れるオーク達を倒しながら進むような勇敢さ(ロード・オブ・ザ・リング)(古い)

Mekuちゃんのギターソロが終わって Xの曲中にあるような女性の声が入り

そしてアン様のソロに入るこの流れがとても美しく構成されているなと思いますよね

壮大な映画一本観たような気分になる

聴く度に勇敢なストーリー感高まるKAMIJOらしい代表曲

 

本編ラストは聴き覚えの薄い曲でしたが

自分のブログを遡ると恐らく Epic Rock Orchestraの時の一曲目で

知らん曲なのにビーブルホワって言ってる箇所があるっていう

KAMIJO得意の  違う曲なのに同じメロディーで繋げやがる裏技使ってきた

これ何  

気になるでしょ  

いつ売るの  

Sangに入るの?ねぇ?←メンヘラ

 

DVDのクレジットを見るとEpic Rock Orchestra~prologue~ってタイトルなのかな

 

 

アンコール

 

一昨年の5月(?)に初披露されてから

まだ愛が足りない まだ足りないって突き詰めてったら音源化に時間がかかってしまったというノスフェラトゥ

最近はもう私完全にこれを聴きに来てる

この曲 なんだろうね  多分サビの旋律なんだと思うんだけど

あの切なさというか哀しさというか

本当にそのたった数小節のメロディーラインが心を奪ってくんだよ

未だに鳥肌たつもん

Mekuちゃんのスーパーソロタイムに入る前 今日はシンバル4回がなかったな

音源はどうなってるんだろうか

入手したら狂ったように聴きそう

これを聴きたいがためにこの春は忙しくなる=お金がかかります

 

本編曲数少なかったからそんな気がしてたけど

Anziが初めてレコーディングに参加してくれたこの曲という前振りで会場を沸かせて

この後30分ある組曲Shymphony of The Vampire全部

曲が切り替わる繋ぎ目がそれぞれポイント高いわけで

こればっかりはやっぱり一気に繋げて聴くのが最高ですね

かみじょうに長々と肩を抱かれても迷惑そうな表情さえ見せず

動きにくいでしょうにそれでも難解曲を弾きこなすさすがのアン様でした

 

 

最後の手繋ぎ

K「今年もKAMIJOの自己満足に力を貸してくれるかぁあ??(半笑いw)

自分で言うのか 

自己満足も職人のこだわり見せつければ純度が上がり1周回って他人の幸せになる

というか納得してないのに他者の意見を聞き入れて妥協した時点で衰退するというもの

(心理学的に本当にそーなんですよ)

プレイヤーがどれだけ納得してやってるかと

オーディエンスの満足度はいつだってイコールなのです

 

 

いやー素晴らしい年明けであった

アン様 よだれかけデビュー本当におめでとうございました!

 

 【setlist】

闇夜のライオン

サンクチュアリ

Louis ~艶血のラヴィアンローズ

Rose Croix

Mourin Rouge

幻想トリアノン

片手に夢を持つ少女

マドモアゼル

追憶のモナムール

-361-

BASTILLE

カストラート

Epic Rock Orchestra

 

~en~

ノスフェラトゥ

Shymphony of The Vampire

 

 

 

心に傷を負ったバンギャとしては(笑)ソロは解散や脱退がないのである意味安心して見ていられますが

サポートとしていろんなプレイヤーさんが入れ替わる中一度も抜けていないMekuちゃんは

既に外れられないポジションに立ってる感じしますね

KAMIJOの左側(向かって右)にはHIZAKIかMekuかみたいな

久々に見ましたがあの立ち位置パート役割音全てひっくるめて

もう居ないとダメな人になってる

 

ギター上下どっちも華だから視覚的にも聴覚的にも大変贅沢でした

若年の頃だったらこの二人合わなそうだなぁなんて思いながら(笑)

時の必然を感じました

このメンバーでのツアーとっても楽しそうだ

一旦仕事辞めて全通しようかな(軽い)

結構本数あるけど総額いくらかしら(フルフル

 

next gigにGAMEOVERさんの解散ライブを予定していたんですけど

さすがに開演早すぎて行けないかもしれない

何にしろAREAに行きたい(笑)

 

KAMIJOさんのツアー日程リンクしときます 自分が見る用でw

f:id:SOLITUDE:20180109144854j:plain

 

see you next gig.