SOLITUDE-klang

ヴィジュアル系オタクが綴る雑なライブレポとレビュー

KAMIJO Sang Project ActII「TOKYO BASTILLE」Final@高田馬場AREA

まずは渋谷駅にあるドデカいRAZORを拝みに

f:id:SOLITUDE:20180829110943j:image 

平日の夕方にほんの数秒の奇跡的なシャッターチャンス

ここの人のごった返し具合は毎日祭りかな?ってくらい凄いんだぞ

 

8/28(TUE)

f:id:SOLITUDE:20180829110847j:image

19時にAREAだと仕事の最中に帰らないといけないもので血相変えて向かいましたが

AREAって整列が建物の裏なんですね

一体なんの行列かと思うくらいに国籍も年齢層も服装もバラバラで

逆に西友の安売りに並んでるといってもそんなに違和感なさそうです

スムーズに入れて30分以内に収まった

 

 

混雑時いつもそうなのかはわかりませんが

本編終了前までしかドリンク交換ができなく 皆さん開演前に一気飲みして

カップを捨てに 行くに行けないっていう

私は交換しなかったけどこれはどちらの意向なのかな 

公演終了後物販は上手側後方から出てドリンクカウンターを抜け整列するように誘導してたみたいなんですけど

終演直後その誘導が上手くいっておらず並び直しさせられたりw

いろんなことがいつものAREAと違って本当に私の推しの箱か疑いが生まれた(笑)

混雑するとこうなるのか

 

とはいえ3柵が解放されていると大変見やすく是非そこを陣取りたいわけなんですが

昨日の3柵はどうやらセーフティーエリアに設定されていたようで

(でも柵には人がぎっしりでその張り紙が見えなかったんですけどもw)

KAMIJOサイドのスタッフさんが制帽を被って客席に来て

”具合の悪くなった人々を優先的に3柵に入れてあげてください”と説明してった

指揮官の命令で客席に現れたそうです(笑)

お客さんの年齢層をよく理解した対応に感動 笑

 

 

ついつい前置きが長くなりました

前回REXのレポの時に開演前BGM無しと書きましたが

正確には音楽のBGMではないけれど

何か機械的な建物の中でかすかに響く音のようなBGMはあった

そしてホール両端の壁にはWANTEDのKAMIJOさんがたくさん貼られてる

 

ほぼオンタイムで幕が開くと全員いる

いやーーーーーーーーーもうね!  ←

もう AREAのステージでKAMIJOバンドが見れるとか本当に夢のようで

しばらくおおおおおおおという表情で固まってしまったよ

 

いつもはあんまり思わないんで居た位置のせいか

若しくは私の眼鏡が曇っていたのかwわかりませんが

照明が反射して(?)メンバー個人個人の表情がよく見えなかったんですが

登場時KAMIJOさんはサングラスかけてたね?

一曲目から大変気合いの入った歌い出し

 闇夜のライオンスタートでした

 

恐らくこのActから出すようになったと思われるダミ声みたいなの

あれを駆使して煌びやかな貴族の時とはガラッと違った攻撃性を魅せつつ

久しぶりのサビ前「いくぞぉ!」の奇声

TOKYO BASTILLE からSonata ここでSonataの意外な配置でしたが

かなり久し振りの追憶のモナムールに感動 

なんだろう今日のセットリストは 

あとでパンフレットを買いましょう

 

本日のCo2タイムはカストラート

REXよりステージが広い分広範囲にぶわっと撒いて気持ちよさそうなKAMIJOさん

コンセプト的にもそうなのかもしれませんが

基本装備の重い(そして高額な)衣装では表現しきれない部分を

まるで若手のような動きで魅せていました だって

脱がされたいねぇロマンティスト

I'm hungry ! want your blood 快楽はMinority

もっともっともっと脱がせてくれ

Dying-Tableの歌詞は本当にこうだったのではないかと思ってしまうほどにKAMIJOさんは上着をペラペラして片肩をチラ見せ

誰か 脱がせてやってくれ

 

ちょっと見ぬ間に

MASASHIくんが演奏中KAMIJOさんから執拗に悪戯を受けるようになっていて

Versaillesの時はそんな時でも険しい表情を崩さないのにKAMIJOソロだと多少の嬉しみさえ見え隠れ

関係性がより親密に(意味深)

 

Vampire Rock Star

責めタイムに欠かせない存在感を放つようになったこの曲は前振りから客席のボルテージが凄い

さあセンター 集まれとか言ってマイクを下に向け”Vampire Rock Star”をお客さんに叫ばせる新システムが導入されてた (記憶が・・BASTILLEだったっけ・・?笑)

 

SangⅠ~Ⅱに繋がるところは本当に何度聴いても寒い(空調も寒い)

Ⅱイントロの出だしは音源だけでもゾワゾワくる旋律ですが生演奏がまじでもう本当になんていうんでしょうか

オーケストラよりオーケストラ(語彙)

ロック系のライブではあれ以上はないであろう壮大なメロディーラインが涙腺にじんわり来てヤバい

イントロ中盤に入ると下を向いてクソ速いツーバスを刻むYUKIさんがかっこいいし

Mekuちゃんのギターソロはまるで演歌でも歌うかのようにエモーショナル

最後のウィーンウィンウィンていうアームさばきがマニアの目と耳をかっ攫います

サビはイントロのそれと同じ旋律だけど手扇子というより指揮みたいな振りがしたくなる

なので90'sの手扇子をしてみたらあまりにもぴったりで!←

KAMIJO曲は今時のWinkみたいな手扇子じゃなくてLAREINEの感情的な手扇子が合うのね

無条件で泣きそうになります

 

そしてSangまで演奏されて本編終了

先日のREXはローズライトを使用しないというKAMIJO史上初の公演でしたが

この曲で初めて青い光の海

夜光虫みたいで綺麗すぎる

徐にデスクに置いて仕事してたのに誰一人触れてくれなかったローズライトを持ってきた甲斐がありました

 

 

~Vive le Roi~

 

今日はBASTILLEが本編になかったんだね

アンコールの一曲目でした  

 

再びCo2をばら撒こうとするも残少だったため残分が全てMASASHIくんの顔面に(笑)

センターに立てたステッキを卑猥な目付きで見つめながら歌う打ち上げパーリ―Moulin Rouge

を終えるとKAMIJO片手にタオルを持つおじsn

片手に夢を持つ少女ではKAMIJOさんがドラム方向へ行ったなと思ったらタオルでYUKIさんの顔を拭き拭き(前が見えないかな)

これは今度から”本日のタオル芸”と題してシリーズ化していこうと思います 

 

声がキツくなってきたのかなんなのかわかりませんが

アンコールに来て珍しく歌詞を飛ばしたり高音をダミ声にしたりして

いつもと少し違った仕様

 

 

ところでアン様のギターの音の主張がなかなかに激しく

アン様参加によりMekuちゃんからパートが移ったソロなんかは

とても主役感が高く本当上下どちらも華

それも傾向の近しい華

そんな2人はキャラがぶつからないのだろうかという心配も余所に(笑)

アンコールではMekuちゃんが下手に来て仲良くユニゾンしたりしてて安心

聴衆としての勝手な印象ですけどKAMIJOバンドって

それぞれがソロの方が向いてる特性の技術者で個々の天才性が上手く発揮できる距離感なのかなと思いますよね

 

 

Louisが出た当初はVersaillesの世界観を保ちつつのKAMIJO節で

えらく安心したしかっこいい曲と思った記憶があるんですけど

今聴くと少々チープに聴こえるのは5年での進化を物語っていますよね

Sang以上に好みの作品が出せるアーティストさんは多分私の中で他にいない

そんなラヴィアンロオオオ を歌い終え 名前呼ばせタイムを経てから全員で袖に捌けてくから

アンコール①終わりかと思ったらKAMIJOさんが完全に捌けずに引き返してきた

会場も笑ってましたがこんな面白い繋ぎ方じゃダメなんじゃないかと思うような良いこと言ってたよ

 

 

僕がこの道を進んでいけるのは

そこに あなたが居てくれるからです

僕はその道を 歩いているだけです

 

運命

 

KAMIJOさんの泣かせる系の曲が個人的にタイプでなかったので

今までそうゆう意味で感動したことがなかったんですが

運命ってGod Palaceじゃないですか

 

気付けばKAMIJO応援団10年選手に差し掛かっているんですけど

Versaillesは最初HIZAKIさんとYouさんのファンだったので

ちょうどGod Palaceが収録されているJUBILEEというアルバムが出た当時は

このボーカルがどうしても聴けなくて

KAMIJOという人物像に対しても今とはだいぶ違う解釈をしていた時代がありました

そうゆう時期を経てKAMIJOさんに惹かれたのは

ある種「孤独」というキーワードが共鳴を起こしたように感じているんですが

運命の歌詞をひとつひとつ追いながら聴いていたら

ここに書ききれないようない複雑な感情が上がってきてしまって

て これはそのうちどこかにひっそり書きますね

 

 

僕のファンクラブに入ってくれている人 どのくらいいます?

結構いますね 招待状は届いたか?

 

ハロウィンには仮面舞踏会がダンスホール新世紀で行われるようです

 

しかもこのパーティー ファンクラブ会員だけじゃないんだ

たくさんの人に招待状をばら撒こうと思っている

もちろんファンクラブ 今からでも間に合います♡

 

平日だから来れないだと?わかってるよ だから18時半からショーが始まるんだ

いいか?この日は 絶対に来ないと後悔する

 

僕あんまりこうゆうこと言わないでしょ?

 

でもこの日は来ないと後悔する

いいか?絶対に来い 最終勧告だ

 

 

そんなに来い来い言われたら気になりますけどね

 

何が執り行われるの(釣られてる)

 

 

 

無料なのかよ !  (笑)

 

 

 

あと2曲でTOKYO BASTILLE終了 と宣告してからのTheme of Sang

この旋律が別の曲でも聴けるっていうね KAMIJO曲の醍醐味

 

そして音源の通り続いてNosferatuだったんですが

これも90’s手扇子がぴったりっていうか多分指揮者が居ても似合うということなんだと思う

サビでやってみて

KAMIJOさんの後ろに幻覚でオーケストラ見えるから(笑)

歓喜の歌の合唱部分みたい

なので来年から東急ジルベスターの年越しはNosferatuにしましょう

 

 

さっき言ってたあと2曲が終わったのでSEが流れ始め

楽器隊もみんな前に並んで

手繋ぎジャンプ前の小話(KAMIJO天才だと思っちゃいましたって自分で言ってた)をしようとマイク持ったまま数秒停止もう一曲やろう

 

SEがピタっと止まってw再び楽器を背負い込み

 

お前たちは人間かーー!?

 

人間なのか!?

 

お前たちはヴァンパイアかーーー!?

 

 

一瞬何の話をしてるのか意味がわからない煽りを終え本日2回目のVampire Rock Star

 

 

次は9月13日 ロンドンで待ってるぜ〜!

 

ロンドンに来れるかぁ~!

 

嘘つけ~!?

 

 

そう言われると行ってやりたくなりますね(笑)

冗談抜きにいつか海外公演を観たいと思ってます

 

 

いろいろとお知らせがあったんですがほとんど忘れました

ひとつだけ覚えているのは3月27日にEXシアターでオーケストラと

KAMIJOバンドの競演があること

オーケストラ!!!

Sang123をジャズのストリングスじゃなくて

本物のオーケストラで聴けるのでしょうか?????????????

とっても待ってたそうゆう企画

 

あと年末だったかにKAMIJO過去曲を歌うBLITZ?があるらしいけれど

確かそれも平日

ここ数年どこも平日ばっかりすぎてもう有給ないんですよね

オリンピックに我らの有給消化されてると言っても過言でないぐらいKAMIJOクラスでも平日が増えた

 

 

で帰りにパンフレット買った

 

f:id:SOLITUDE:20180829110836j:image

 

この日はマルコさんの黄昏サンシェイドのフラゲ日だったので買って帰ろうと思ってたんですが

最後に一曲追加されたおかげでZEAL LINKが閉まりました(笑)

でも楽しかったので◎

KAMIJOさんこのActⅡめっちゃ面白かったよ

道を切り開きがちですよね~本当

これからも楽しみにしてます

お互いがヨイヨイになっても観に行くと思います(笑)

 

 

【Setlist】

闇夜のライオン

TOKYO BASTILLE

Sonata

追憶のモナムール

サンクチュアリ

Castrato

Dying-Table

Vampire Rock Star

SangⅠ

SangⅡ

SangⅢ 

 

~en_1~

BASTILLE

Moulin Rouge

片手に夢を持つ少女

Louis ~艶血のラヴィアンローズ

運命

 

~en_2~

Theme of Sang

Nosferatu

 

Vampire Rock Star

 

 

 

10月にもAREAがあるの?

 

ActⅤ

f:id:SOLITUDE:20180829222250p:plain

 

さっきの過去曲も歌うやつコレかな?

 

Actいくつまであるんだ

 

さて次はRIR×アイオリン これに行かれるかな

そして9月は何よりも私キズが見たいわけなんですよ

下半期の一大イベント

チケット当選しますように・・・!

 

see you next gig. 

 

 

100年根に持つタイプなんで声を大にして言いますけど本編終了後のドリンク交換ができないならペットボトル用意してほしいよね

AREAにはペットボトルがないのとトイレが和式なのが残念なポイント