SOLITUDE-klang

ヴィジュアル系オタクが綴る雑なライブレポとレビュー

Dove into GIG-2018

毎年本当自己満足でしかないなと思いながらとっても楽しんで書いている

恒例の集計記事です

f:id:SOLITUDE:20181231155247j:image

f:id:SOLITUDE:20181231155257j:image

 

上半期のライブはもう何年も前のことのように感じたり

集計すると結局ここにこんなに通ってたのかと思ったり

2年連続AREAがダントツだったり(笑)

 

今年は数年に一度と思われる大物に出会いましたので少々記事が長くなりますが

最後まで読んでね 笑

 

まずは履歴とランキングを

”参戦”というワードも死語感ありますけど他に言葉が思いつかないんで

 

 【2018年参戦履歴】

 

1/8(MON)  KAMIJO New Year Live 2018 -信念會- @東京キネマ倶楽部

1/24(WED)  マルコ二夜連続主催公演「極彩色ノ青春〜青春戯画〜」 @高田馬場AREA

2/12(MON)  ヴァージュ2部制単独公演「六華乱脈」 @高円寺二万電圧

2/23(FRI)    LOVEBITES RE-AWAKENING FROM ABYSS LIVE 2018 @渋谷 duo MUSIC EXCHANGE

2/26(FRI)    マルコ×LANTANA共同主催2マン公演「ラマンルタコナ」@恵比寿club aim 

3/2(FRI)      摩天楼オペラ10th Anniversary 「PANTHEON TOUR -overture-」@EX THEATER ROPPONGI

3/4(SUN)    llll-Ligro-再始動ONEMAN「THE BEGINNING OF THE END」@池袋EDGE

3/19(MON)  二夜連続マルコ劇場-第一幕-「平成ロマン劇」 @高田馬場AREA

3/20(TUE)   二夜連続マルコ劇場-第二幕-「宙吊りロマンチカ」@高田馬場AREA

3/21(WED)   cali≠gari VS ベッド・イン 「ワンナイトでちゃう?」@新宿BLAZE

3/23(FRI)     Takadanobaba AREA presents Mimic lyric.@高田馬場AREA

4/8(SUN)     KAMIJOLive Tour 2018 -Sang@新横浜NEW SIDE BEACH!!

4/22(SUN)   JILUKA初主催「MAD PIT FES #0」@池袋BlackHole

5/3(THU)       namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~@東京ドーム

5/12(SAT)    EVERSSIC始動主催「Journey to EL Dorado」@高田馬場AREA

5/18(FRI)     llll-Ligro-presents"弔"@東高円寺二万電圧

5/26(SAT)   ヴァージュ1周年単独公演「吟声」@新宿RUIDO K4

6/15(FRI)    NGSK presents 「Nu Grand Slam」@高田馬場AREA

6/28(THU)   LOVEBITES BATTLE AGAINST DAMNATION TOUR@ 渋谷TSUTAYA O-EAST

7/7(SAT)     Ains PRESENTSゴシップ主催EVENT「闇殺シ-ヤミゴロシ-」@高田馬場AREA

7/21(SAT)   Rides In ReVellion 3周年記念ONEMAN LIVE「BEYOND THE -HORIZON- 東のエデン」@目黒鹿鳴館

7/23(MON)   LANTANA 3rd anniversary ONEMAN「THE PRESENT BREAK ONESELF」@高田馬場CLUB PHASE

7/31(TUE)   マルコ無料ワンマン「座・変人劇場」@高田馬場AREA

8/4(SAT)    「ANCIENT CLAN」@高田馬場 club PHASE

8/11(SAT)    創真Birthday主催 4MAN『獅四奮迅』@池袋EDGE

8/12(SUN)   GARAK’S In ReVellion~リバーサイドの悪夢~東京編@新宿RUIDO K4

8/14(TUE)    KAMIJO Sang Project Act II 「TOKYO BASTILLE」8/14 @渋谷REX

8/28(TUE)    KAMIJO Sang Project ActII「TOKYO BASTILLE」Final@高田馬場AREA

9/8(SAT)      AIOLIN vs Rides In ReVellion 「革命の二重奏〜星降る夜〜」@渋谷Star lounge

9/16(SUN)   マルコ4周年単独公演ツアーファイナル「座・変人劇場(完)」@高田馬場AREA

9/22(SAT)    S.A.S.F presents SYNCHRONIC EMOTION VOl.1@渋谷La.Mama

9/24(MON)  キズ4th ONEMAN 「 さ よ な ら 」@Zepp Tokyo

10/13(SAT)  PS COMPANY PRESENTS『 明鏡止水vol.52』@高田馬場AREA

10/20(SAT)  KAMIJO Halloween Tour「Vampire Rock Star」@高田馬場AREA

11/11(SUN)  ヴァージュ単独公演「影踏み」@池袋EDGE

12/8(SAT)    MOSHIJO THE Fourth New World Order@東京キネマ倶楽部

12/10(MON) VisUnite Fest Special Edition Vol.4@渋谷ストリームホール

12/20(THU) KAMIJO Sang Project Act Ⅴ「The Sangs-2018-」@マイナビBLITZ赤坂

12/30(SUN) Rose Croix Presents「暴燃會」@高田馬場AREA

 

計 39

 

行きたかったライブがあと10本はある

社会人バンギャのためのタイムテーブル要請をします

 

初めて行った箱は恵比寿Club aimと渋谷ストリームホールでした

昨年はLOVEBITESに燃えていましたが

最近はチケットが取れずw取れても男性9割だとさすがにステージが見えなすぎるので

諦め始めています(笑)

ヴァージュも昨年と変わらないテンションで見続けていますが

飛躍するなら来年がチャンスなのでは

RIRとの対バンがあるのでそれを楽しみに いつかツーマンしてほしい

地味にLANTANAに通い始めました DEXCOREもお気に入りですが

最近はキズにハマっています

それと最近始動されたバンドさんでDIERRYCALLという人たちがいますが

ここのライブを見たら「らむ」という麺コを聞くことになるのでしょうか

微妙です

 

 

【参戦バンドランキング】

1位・・・KAMIJO                                       8本

2位・・・マルコ                                  7本

3位・・・Rides In ReVellion                       5本

 

ツアーの有無やライブの本数がバンドよって違うので

統計の意味もあまりないのですが

毎年ここに変化があるのが個人的に面白いです

Rides In ReVellionは規模が上がってきたので

東京で見られる機会が増えてきました

来年はもっと増えると思われます

 

 

今年の8月からの統計になりますが ↓

 【人気記事ランキング】 ※心理系記事を除く

 

1位 

KAMIJO Sang Project ActII「TOKYO BASTILLE」Final@高田馬場AREA

 

2位 

KAMIJO Halloween Tour「Vampire Rock Star」@高田馬場AREA


3位 

LANTANA 3rd anniversary ONEMAN「THE PRESENT BREAK ONESELF」@高田馬場CLUB PHASE


ダントツ1位の記事が実は別にあるんですけれど

ここから飛べばアクセスが伸びるの当たり前なので計算に入れませんw

 

  

 

【行った箱ランキング】

1位・・・高田馬場 AREA      13回 

2位・・・池袋EDGE               3回

3位・・・  ----

 

【今年出会ったバンドランキング】

1位 キズ

2位 llll-Ligro-

3位 LANTANA

 

LANTANAは今年?初めてステージを見たんですが

一体感できやすい曲が多くてなかなか楽しめます

初めて観た時に比べると動員も増えてる気がしますね

なかなか都合が合わなくて思うように行けてないので

年明けのaimこそ

 

 

llll-Ligro-

あれから活動を続けていてくれたら

間違いなく今年一番通うことになっていたと思います

曲も変わっててかっこいいしステージもとても良かった

最近でもよく聴いていますし

ボーカルと上手ギター戻って来てくれと今でも思ってます(笑)

もう一度あのワンマンを観たい

 

 

キズについては別記事にしてもいいくらい長くなりますのでw下にまとめます

 

 

【記憶に深く刻まれたライブランキング】

 

3位  cali≠gari VS ベッド・イン 「ワンナイトでちゃう?」@新宿BLAZE 

 

3月の摩天楼オペラのEXと迷ったんですけど

レポとは別に編集後記を書いているライブというのは

通常感じないことを感じているということなんで

ベッド・インについても1位のバンドさんと合わせて下で語ります

 

ちなみに8月以前 はてなブログを含めると圧倒的No.1アクセスを記録したのも

上記のレポでした 

公式のRTが大きな要因ですが検索からも多くの方が訪れてくださって

レポ史上初のアクセスだったかもしれない

 

 

2位  namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~@東京ドーム

 

私のフォロワーさん5人くらいしか読んでくれなかった記事なんですけど(笑)

この日に観たもの感じたことは 生涯忘れないと思います

もちろん私の青春を先導した人であるという経歴があるからではありますが

V系だろうがJPOPの人だろうが洋楽だろうが

感情が動く要素って結局同じなんですよね

このライブを見て 自分が猛烈に惹かれるアーティストさんが何を持っているのか

言葉で説明ができるなと思いました

 

 

1位 キズ4th-oneman-「 さ よ な ら 」@Zepp Tokyo

 

(カーテンが微妙なカラーなのは遮光カーテンの裏だから)

 

レポを書く時にオフィシャルに行ってメンバーさんの顔と名前を調べたレベルの認知度で観に行ったんですが

一度観たらこのライブ しか記憶に残らないくらい強烈でした

今ならどんな推しとライブが被ってもキズを選ぶと言えるくらい

エネルギーの高い状態にあると思います

同じフィールドにこの領域で活動しているバンドは

私が知る限りいない

何の語弊もなくあの人たちステージで本当に死ぬ気だと思った

 

 

それで

ベッド・インもそうだったんですよね

彼女たちは「女性」なので 死ぬ気じゃなくて逆に

どうなってしまっても何を観られてもそこに生き続ける覚悟というか

(狩猟(男性)と繁殖(女性)の違いで

 男性の覚悟は「死」女性の覚悟は「生」だと思ってます)

そうゆう強さが半端なかったんですが

ベッド・インも安室ちゃんもキズも

同じものを持ってるなと感じました

こうゆう方は同性の支持を得るという共通項もありますよね

ベッド・インは女が惚れ込む女でした

私が言ってることがよくわからない男性の方がいらしたら

生のベッド・インを(笑)観たらきっとわかると思います

多分Xのライブを見るよりわかりやすいです 

 

 

命掛かってると感じるステージは他所でも2年に一度くらいの頻度で見つけるんですが

なんて表現したらいいかな

彼等は自分たちのためにやってないっていうか

要は承認欲求で売れようとしてるんじゃないと思う

 "認めてくれ"オーラがゼロだった

なのでステージを観て惹かれるのは

私がいつもこのブログに書いてる「洗脳」とも実はちょっと違って

他者貢献ていうのかな

だから使命なんでしょうね本当に

 

命懸けにも色々あって

誰かを救いたい貢献と見せかけての実は自分が認められたい承認欲求という

ほとんどは自我のための”命懸け”なのかなと思うんですね そうすると

ステージは魅力的に映るけど

次の瞬間”たくさんの声が消える恐怖”に勝てない自我もいるわけなんで

その”命懸け”が保たず消耗して潰れていってしまう

 

 

来夢さんは自分の思い描く通りのことが表現できれば

ある程度バンドが大きくなるのはわかっていたと思うんだけど

自分の知名度やバンドの規模にはあんまり興味がなさそうな印象で

昔Xが初めて紅白に出場が決まった時に

hideちゃんが「紅白に出ればファンの子達が世間に白い目で見られることがなくなる」って言ってたでしょ

そのスタンスに近い気がする

 

貢献的な活動に対しての恩恵というのは

結果的に知名度や動員になって返ってくるというおまけのようなものでもあって

彼の中から「辞める」という思いが出てきたら 安室ちゃんのように

絶頂期であっても辞めてしまうんだろうという

バンギャからしたら危機感みたいなものも同時に感じます

 

とにかく凄いバンドに出逢ってしまって

来年のメインは確実にキズになると思うのだけど

全然チケットが取れなくてもう近距離では生を観れないかもしれません(笑)

 

詳しくは下記編集後期をお読み下さい


 

私気付いたら10年こんなこと書き続けてました

10年 もう変態的にレポ書くのが好きなんだなと(笑)

ここに書いていることって

ただの言葉の羅列でありながら

MC含めて感情が動かされた記録を残しているんだけど

 

どうやら私はその"バンド"やその"人物(麺)"を追いかけてるんじゃなくて

ライブハウスの中で肌で感じるエネルギーが

(エネルギーとしか言いようがないw)

ある一定のラインの中にある"ライブ"に反応して

それを「この人達が好き♡」とか「また観たい」という感情を通して気付き

ここに残しているようです

だからその瞬間瞬間の「好き」には嘘がないけれど

どれだけ熱く推していても今までと同等 若しくはそれ以上のエネルギーを感じられなくなった瞬間から

バンドのネガティブな面や演奏の粗が目につき始めて

観る気がなくなるのも本当で

たとえそれが10年通っているKAMIJOさんであっても

エネルギーが変わったらここに書くこともなくなるんだと思います 

 

 

だから当然ですが必然的に

水面下で解散や活休を控えているバンドに意識が向くのです

 

よく「私がハマると半年ぐらいで解散する」って言うギャさんがいるけれど

ある意味それは当たり前で

バンド側が何かしらの余命を意識すると

ライブや出てくる音源に乗るエネルギーが変わるので

誰もがそれを無意識にキャッチし"魅力"として感じて

一時的に動員が増えたりします

 

ただの娯楽ブログに何書いてんだ私はと自分でも思うことがありますが(笑)

私は私で自分の本音や感情にストレートに生きてたいので

体からもう辞めたいという指示が来るまではw続けたいと思います

 

⭐︎

 

大好きなバンドがいて 新しい音源が聴けて

生のライブが見られるって

本当に幸せですよね

 

私は恋愛や結婚の全てが嫌になってこの世界に来たんですけれど

(これを人生2周目と言いますw)

宇宙戦隊NOIZに出会ったあの時

もう二度とリアルな恋はしなくていいと

本気で思ったのを覚えています

恋愛では感じたことのなかった 何か大きな「愛」の塊をそこで見てしまったのです

 

 

バンドとの出会いって本当に恋と同じ熱病(笑)

しかもそれが単体ではないから恋というより無条件の愛に近い

恋愛もさ

好きな人ができて 見返りを求めると途端に苦しくなるけど

ただその人が好きで 一緒に居られる時間を全身で感じている時は

幸せしかないじゃん

バンド追いかけてる時ってそれだけがずっと続いてる状態 (笑)

一緒に緊張するし 一緒に泣くし 一緒に達成感得られるし

どうにかして彼等が見ている夢を叶えてほしいと願うけど

何か返してほしいとかって思わない

その瞬間瞬間を掻い摘んで味わっていくと

他には何も要らないと思ってしまうほどの幸せで満たされる

でも実はこれって対象がリアルな人間であろうと 何か事柄や物質であろうと

結局同じことなんだろうと思う

 

 

焼いた肌を露出してクラブで遊んでた時代に

一番見下してた人種に 実際になってみたら 

そこは天国みたいな世界でした(笑)

 

何が言いたいかっていうと

いつまでもバンドを追いかけて夢中になっている自分を

否定しないであげてほしいなと

なんかそうゆう波動みたいのをよく箱で感じるんですけど 

人生で唯一やらなきゃいけないことは

自分が好きなこと これをやることです

それがいつの間にか他者への貢献に繋がってるゆくのですから

自分を満たしてあげられていないうちは

人のため なんて何にもできるわけがない

だから

自分の中の「好き」を 何よりも大事にしてあげてくださいね

 

 

サーバーの移行などもありましたが

2018年もたくさんの方にご来訪頂き

大変感謝しております

今年もご愛読ありがとうございました

 

 

喪中のため新年のご挨拶記事は控えさせて頂きます

年明け最初のライブは多分NAZAREか蘭図のワンマンになるかと

2月に見る予定の猫曼珠を含め来年が初見になるので

楽しみです

 

2019年も宜しくお願い致します

 

良いお年を

 

 

2018.12.31

SOLITUDE-klang  (らむ)

 

 

▪️稀にご質問頂きますが公の場でしたらご自由にシェアして頂いてOKです