SOLITUDE-klang

ヴィジュアル系オタクが綴る雑なライブレポとレビュー

Versailles Premium Show Case Live@目黒鹿鳴館

JUGEMテーマ:LIVE

Case #1(FC会員限定)

OPEN 17:30 START 18:00

【setlist】

愛と哀しみのノクターン

LIBIDO

Amorphous

月下香

PRINCE

PRINCESS

BEAST OF DESIRE

The Red Carpet Day

衣装→History of the Other Side 2007年耽美革命辺りのだと思う

とりあえずかみじょうはこれだった

HIZAKIの前髪も透かしパッツン?w昔の前髪で下半分はおろしてた

あとから画像見たらどうやら全員それぞれ好きな衣装を着ていたようで

言われてみればHIZAKIはあの衣装じゃなかった

会場はまあまあ密着度は高いけどもカヲスってほどでもないかしらと思った瞬間押されて物凄い前にw

あんまり混雑してるライブは年齢的にも危険なためこんなの久しぶりだった

てか発進ないんだね←発進ではない

SE流れてひとりっつ出てくるけど気付いたら全員いるみたいな速度

1曲目のイントロ聴いてキタアアアアアアアアアアア

初めてだ生コレこの疾走感がたまらない

そしてなんといってもLove from a Deadがあまりにも あまりにも久々で涙目

このねぇなんていうかイントロの一旦完結しそうな部分が好きで

末裔に復帰してから初めて生を聴く曲が多いわけだがこれは本当に聴きたかった曲で

序盤から自分のテンションの上がりっぷりが半端ない

そしてそして2曲続けて聴いてください

僕たちのプリンス プリンセスへ

とか言って始まったもーーーーー今日のセトリはっっっ!!!!!

PRINCE率が高くて末裔復帰後何度か聴いたけど

この日かみじょうさん声出てたもんだからう~ん

メジャー行きを発表した渋谷公会堂で聴いたあの時がまんま蘇る

PRINCESSはイントロすごいねええええええ!ギターもすごいけどお客さんもすごい

祈りから入る感じもたまらなくタイプ♡

で で で

BEAST OF DESIRE

ヤバイ!ヤバイ!これはもう絶対聴けないと思っていた曲である

いかにもハコ曲 鹿鳴っぽい

昔の映像なんか見て こん時はまだVersaillesのVeの字さえ知らなくて

こうゆうところでアルコール無しでよく夢中になれるななんて考えてた時代に

今大好きな人たちはこんなことしてたのか いいなあと羨んでいた

あの映像そのものだった

だからそれが最後に体験できたことが嬉しかったの

\ラストオオオオオ/ のレッカペは本物のレッカペだった←

逆ダイの飛べとはこれを言ってるだと確信(笑)

普段布団になるような位置に いることがないから

身体痛めない方法がわからないです先生w

かっこよかったあんなレッカペは僕初めて

小さいハコならではのレアなセトリに大満足しつつ短いなーと思ったけど

二部制ですからまあこんなものですよね

1日のうちに次もあるからと思えるのは幸せなことです

最後にステージ側から写真撮影

2回目のパチリで

かみじょう:う~nnn 今のは多分僕の顔が良くなかったからぁ~ 

というナルシストの我儘で結局3回撮影

これどこに公開されるのかしら 有料コンテンツ?w

かみじょう 同じ内容にしようと思ったんだけど...

やっぱりちょっと 変えちゃいました...

Case #2

OPEN 20:00 START 20:30

【setlist】

ROSE

GLOWING BUTTERFLY

DRY ICE SCREAM!!

Vampire

The Love from a Dead Orchestra

月下香

PRINCE

PRINCESS

The Red Carpet Day

~en~

The Revenant Choir

衣装→NOBLE 2008年辺りのhideサミ出た時の

とりあえずかみじょうはこれだった(他麺が見えてないw)

HIZAKIが斜め前髪で下は左側に流してた

二部やばい まじで

例えるなら朝のラッシュで有名な沿線のピーク時 のままずっと(笑)

自分でもチケットよく取れたなと思うぐらい一瞬でSOLDしたらしい

100番台の整番で気付いたらかみじょうがすぐそこに

周りと一緒に動かないと逆に危険なので休憩ができない状態でずっとw

一部もAristocrat'sがなかったのでこれはNHKでやるんだな

最後の最後は絶対Aristocrat's始まりがよかったのでちょっと安心

大好きな大好きなGLOWING BUTTERFLYやった(涙)

ちょっと変えたセトリ結構変わってて二部連戦のわたしにとっては俺得な

プリプリは2回聴いたわけだが隣の人の髪の毛が顔に刺さる刺さる幸せ  ←

そしてレッカペでは自分の前で雪崩が起きてですね

わたしのロングブーツの編み上げ部分に女の子のタイツが引っかかっちゃって

一瞬生死を彷徨った(笑)

絡みを解きつつの拳手拍子逆ダイでした

タイツ引っ掛けちゃった末裔さんごめんなさいね

お気に入りのお洋服だったら本当 申し訳ない

世にも危険なレッカペ終わってまさかのメンバーが捌ける前に\もう一曲/\もう一曲/

捌けれないメンバーw

全員そこに居るのに振り向いて

かみじょう:アンコールありがとう(笑)

HIZAKI:アンコールのサプライズでTERUギター使おうと思ってたのに(拗)

膨れる姫かわいい

袖から出てきた激鉄ギターを手に姫がおてるもんに何やら教えてもらっている

使い方www

おてるギターのその形状がワイルドだって話になって

TERU:ワイルドだろぅ~?

なんて会話が会場と一体のなって和気藹々

マイクを持ったかみじょう

かみじょう:ん?なんて言ったの?

おじいちゃんwwwwwwwwwwwwwwwww

あのおじさんかわいい...

アンコはレベナン

これはNHKの最後にもなるんだろうから

聴けたとしてもあと一回

それを思うと噛み締めるように聴いてしまった

最後のコメントはおTERUちゃんもMASASHIもいっぱいいっぱいで

YUKIさんはすごく感慨深い表情してたな

このライブ元々FCしか出てなかったのにFCの後に一般

要はハコライブの最後の最後が一般になるわけだし

結局のところ7000円相当のライブになるわけで

しかもそれがド平日で仕事もう休めませーんてくらい間近にわかるといった

文句はいろいろとあったんだけど

でも迷ってなかったから後ろでゆっくり見る気もなくて

カヲスな現場に混じってみた

本当最高でしかなかった

当然だろうけど ホールとライブハウスでは見せ方違うだろうし

それが鹿鳴館ともなれば更にインディーズ時代のライブを彷彿させる

懐かしさとか貫禄とか初々しさとかバンドの歴史とか

Versaillesの全部が入り交じってた

こんな光景 もう見れないのかなと思ったら

悔いを残したくなくて

こんなに行って良かったと思ったのはNOIZのレモホ以来かもしれない

セトリ的にはもちろん 実際の距離ではなくて心と心が通い合うのが感じられたというか

メンバーも大人の事情に雁字搦めになってる感全然なかったし

今だから見られる特別な空間だった

時が流れるのは早くて気がつけば残すはNHKだけ

ホールも似合うから嫌いじゃないけど

その前にこうゆう近いライブが見られて

良かった

 

人気ブログランキングへ

Web拍手