SOLITUDE-klang

ヴィジュアル系オタクが綴る雑なライブレポとレビュー

DIVEIN主催「CORE」@池袋Black hole

5/26(FRI)

f:id:SOLITUDE:20170527140116j:plain

先日購入したDEEP MORE DEEP#5に収録されていた曲をキッカケに興味を持った

DIVEINを見に行ってきました←思い立ったらすぐ行く(笑)

 f:id:SOLITUDE:20170527140124j:plain

ブラホは行く度に「どっから入るんすか?」ってスタッフさんに聞いてる気がする

そしてお姉さんに優しくカーテンを開けて頂くのも3度目くらいかしら

「ホール入り口」とかわかりやすく書いてないと

箱によっては真顔で楽屋に入りそうになるような人なので

初めての小箱でいつも一番緊張する点です ホール入り口問題 笑

 

タイムテーブルというやつは出ていなくても

お目当さんだけ見たいギャさんて何故だか出順読んでるし

タイテ出ていても私みたいなお客は観れるだけ観るわけだから

いつもタイテ出ててほしいというのが雑食の切なる願い

 

DIMLIM前の転換中に到着したためそれまでの4バンド見れてない

仮病さんがめっちゃ気になってたんだけど 残念

結構人入ってて DIMLIMって誰なのって感じで

そしたらこの人たちがシークレットだったんですね

 

DIMLIM

 

バンドロゴ そんなシンプルな書体でこんな感じですか

手形とか血痕とかついてる衣装でお目目の周り真っ黒

黒いリップがはみ出たメイクでいかにも叫びそうな雰囲気がプンプン

 多分一曲目がこれだったんじゃないかなと思うんだけど

 かっこいい

 

うわあああああドラムがすごい内臓に響くやつだ

そしてボーカルがおぎゃーーー!うぎゃーーーー!ぎぁぁああああああ!と叫び散らしてサビで突然のメロディアスな構成の曲が多く感じた

メロ部分の高音になる箇所ではDir京さんみたいなクリーンの出し方していて

これもまた一定層を中毒に陥れる類の暴れ盤と思われる

 

そして音がデカい(箱のせいもあるけどこの日の出演バンドと比べて)音がデカい

耳栓しててもそれを超越したシャウトで簡単に鼓膜に届いてしまったw

 

3曲目あたりだったと思うけど

Robert MilesのChildrenをトラックに使ってる曲があって

イントロがピアノ始まりで このメロディーに合わせてジャンプw斬新

 

ステージ側のシャウトもすごいけれどギャさんの麺コも半端ねぇでした

声帯痛めるんじゃなかろうかと言わんばかりの全力コールを聞いていると

ステージとの段差と柵を取っ払ったらこの人たち一体どうなってしまうんか

という妄想を膨らませたほどw

 

ところでDIMLIMとは誰なのか調査してみたんですけど情報が少なくって

始動ワンマンが6/3でそれがすでにソールドしていて

後半3バンドん中で動員一番多くて今日は5/26っていう…

どうゆうことなんだ(笑)

 

どうやらDeviloofとD.I.Dの人たちが中心になって構成されてるっぽいということしかわからなかった

だとするとボーカルの人はDeviloofの時よりだいぶ垢抜けた雰囲気になってる

【追記】ボーカルはDeviloofの人じゃないらしい(?)

シークレットを数回やっててこの日が最後のシークレットだったよう

ライブが終わるとボーカルとドラム以外の記憶が消え去る感じはありますが

かっこよかった

通う方は耳と喉 大事にしてください

 

⭐︎一日空けて改めて聴いたらめちゃかっこいじゃん(笑)

 たまたま見れてラッキーだったな

 

 

 

ヴァージュ

 

3ピースバンドの模様

ボーカルの人がDEZERT千秋感あって

全体的に一昔前のV系な風貌(褒めてます) ちっちゃい

 

しっとりとバラード始まりだったのだけど歌い出したら歌が上手くてびっくり 

なんていい声!メディーナの人みたいな声!

と思ったらメディーナだった←

音源でしか聴いたことなかったけどメディーナ解散と聞いて

あの人歌うのやめるのは絶対勿体無い!と思ってたから大変嬉しかった♪♪

こちらはメディーナとMALISENDのお二人で構成されているようだ

最近もうこうゆうの わけがわからないw

 

ギターの人は長身で逐一中指を立てるポーズをするのだけれど

なんてゆうか ”大きい犬は優しい” 感じで (笑)

なんともお人柄な印象 あくまで第一印象ですけどw

 

曲はメディーナより若干わかりづらくなった気がするけれど結構いいなぁ

私はこの声好きですよ 

このバンドさん昨日の見つけちゃった大賞です(当社比)

私世代の年寄りにも聴きやすいと思う

 

ボーカルの人(小)がギターの人(大)に絡み寄っていくと

ギターの人(大)は優しく微笑みながらボーカルの人(小)の顔を見つめたりして

よーしよしよし・・・やんちゃな仔犬を撫でる感じがたまりません

 

拳上げながらリズミカルな横モッシュとか

お隣さんとお手手繋いでぴょんぴょんとかあるんだけど

それが妙に高速で大変そうだったw

そしてボーカルが客席に降りて来てお客さんにマイク向けるやつだった

やっぱり千秋かな?

腕を上げてマイクを上から吊るしてるけれど

ギャさんよりこの人の方がちっちゃくて可愛い・・

よーしよしよしよし・・・

DIAURAがDEZERTカバーしたらあんな感じになるような気もする

 

それで物販にUTOPIAという音源売ってたんですけど

よっぽど買って帰ろうとしてたんですけど

いざ 無人で(笑)買えなかったので

またライブ観に行かないといけないですね

 

視聴トレーラー

リード曲であろうUTOPIAは昨日やっていなかったけれど

イントロとかベタでいいですね(ベタ好き)

この微妙に外れてる感はなんだろか そうゆう創りなのだろうか

買わないとわかんないな(←  

蓮華という曲の最後に「白いドレス紅く染まる」とかいう歌詞があるけど

最初にやってた曲のタイトルは「紅いドレス」繋がってるのー?(←ワード検索で大きな勘違いを招く)

 

 

DIVEIN

 

ややこしか・・いつの日か間違えて見に行きそうです

 

この人たちは前身が被験体デルタで

ボーカルの人はD.I.Dのローディーだったとかいう噂

始動3ヶ月目ぐらいのようですが

ヴァージュも今月始動だしDIMLIMに至ってはまだ始動してないw

それでよくあれだけ集客できるな 

といってもそんなにすごいいるわけではないけれど

どうやってるんだろ

 

 

登場は一人ずつ割と尺を取ってた

静脈を破壊とはどうゆうコンセプトなのかいまいち伝わらないけれど

幻覚でお客さん100人ぐらい見える感じでした

これって多分ファンの人たちの勢いに助けられてる気がするけれど

麺様を呼ぶ 実数を上回る声がとても印象的

 

ドラムが想像してた音と違って結構好きなやつだった

ギターの人はピンク紫の髪に眼帯そしてフライングVなので

どこぞの嫉おさんに空目した

亀仙人のように何かを背負ってるようだったけど後ろ向いたら黒い羽根だった 

ボーカルはイントロとか曲中に何やらかんやらよく喋る(笑)

行く末団長になるのかな?w

 

ギターソロではお客さん上手が咲いて下手が折りたたみっていう

あれ私の中で新しかった

 

ボーカルは喋る声と歌声のギャップが結構あるけれど

高音どうやって出してるんだろう

音源より心もとない声だったけど無理して出してないか心配になる

あれが地声なんならトレーニングしたら結構特徴あっていいなと

   

本編終わってから告知が流れて

アンコールが煽り曲とこれ↓↓ 

 買ったので結構よく聴いてる

 

音源だとMiAさんリスペクトなのかしらと思うような音に聴こえたけれど

生音は割とオリジナリティあった

というかなかなか演奏力があそこまで追っつかないのかな

 

曲はかっこいいし覚えやすい 乗りやすい

パラノイアとか途中からピアノが入ってきたりして

そうゆうのも好きなんだけれども

期待値が高かっただけに生は何かがもう一つ(という表現を最近よく使うけれど)欲しい感じがするのが正直なところでした 私の感想ね

セトリ見つけられなかったけど2曲くらい入手できない音源があるみたい

 【追記】昨日公式で上がってた👇

ネサリアのベースソロをもう少し音の良い箱でもう一度聴いてみたい

今思い出したけど何の曲だっけ

サビに入る時フロント3人がくるんと回転するフォーメーションに感動したんだった

私はあれをマスカレードと呼んでいる(Versailles

 

*****************************

さて今度はVRZELを見に行かなくてはいけません

そして6/2はZeppに私の大好きなバンドさんたちがたくさん集結するんだけれど

どうして平日なの!

最近見たいライブが平日ばっかりだからという理由で食い扶持のスタイルごと変えようとしている(笑)